So-net無料ブログ作成

『ア・ハード・デイズ・ナイト』 Beatles Mono LPを聴く―その3 [BEATLES]

今回も、最初にちょっとジャケットについて見ておきたいと思う。

以前の記事でぼくはオリジナルのモノラルLPを3枚もっている、と書いた。
そのほかに90年代のDMM(旧CDとおなじデジタル・リマスター)盤も1枚ある。
これはビートルズのLPを集め始めたころ、なかなかコンディションのいいUKオリジナル盤にめぐりあえずに、ジャケットを飾るためだけに買ったものだ。

01.jpg
(左からオリジナル、DMM、リマスター盤 ―81年のリイシュー・モノを入れ忘れてしまった^^;)

微妙に色味が違っているのがお分かりだと思う。
まあ個体差もあるのだろうが、このアルバムの青と赤はなかなか再現がむずかしそうだ。

まずオリジナル盤。
文字の色はややオレンジがかって見える。
ヴィニール・コーティング。

02.jpg

つぎに81年のリイシュー盤。
青はほとんど同系色だが、やや薄く、シアンに近い感じだ。
コーティングはヴィニールもニスもない。
「mono」の位置がかなり下にある。

03.jpg

90年代のDMM盤。
青がほとんどサックス・ブルーのような色になっている。
文字の色はかなり赤い。
ニス・コーティングだろうか、やや光沢のある仕上がりだ。
オリジナルにはないラージ「mono」がプリントされている。

04.jpg

今回のリマスター盤。
青も文字の色もオリジナルにかなり近いのだが、残念なことに顔写真の黒が沈まずにグレーっぽくなってしまった。

05.jpg

では裏も見てみよう。

オリジナル盤。
初期にはGarrod製だけではなくErnest製もあった。
ここに載せたのはErnest製のほう。
フリップの形状がやや違っている。

06.jpg

81年のリイシュー・モノ。
折り返しがなくなっている。

07.jpg

DMM盤はAppleのマークやバーコードなども入っている。
4人の画像がやや粗く黒つぶれも多い。

08.jpg

リマスター盤。
全体的に「もうちょっと」の再現性だが、写真のきめ細かさはオリジナルをしのいでいる。

09.jpg

それでは音のインプレッションをお届けしよう。
4トラックのテープ・レコーダー(前作『with the beatles』の制作中に導入された)で録音された初のアルバムで、その素性のよさがこのリマスター盤でもそのまま音に現れていると感じた。

A-1「ア・ハード・デイズ・ナイト」は、あとの曲にくらべると、やや音像が重なり合って不明瞭なところもあり、ボンゴや間奏のピアノなどは聴こえづらい部分もあるが、映画のオープニングを飾るのに相応しいワクワク感はよく出ている。

A-2「I Should Have Known Better」ではジョンのヴォーカルとハーモニカはもちろん、それぞれの楽器がセンターにビシッと定位しながらもきちんと描き分けられ、ビートルズの魅力がはじけるような明快な音に仕上がっている。
A-3「恋におちたら」ではジョンのセクシーなヴォーカルと美しいコーラスに耳を奪われるし、A-4の「すてきなダンス」ではジョンの弾くリッケンバッカー325のリズミカルなカッティング、ポールの手数の多いベース、リンゴのバスドラのキックと、聴きどころはきっちりとおさえられている。
A-5「アンド・アイ・ラヴ・ハー」のガット・ギターやクラベス、A-6「Tell Me Why」のリンゴのドラムスなど、どれもほんとうに聴いていて気持ちがいい。

ヴォーカルの子音がノイズっぽくなるところもあるが、総じて50年前の録音とは思えない高品位な音だ。

と、まあ褒めてきたが、このあとオリジナル盤を聴いてみて、さらに鮮度が高くて迫力のある音にびっくり。
リマスター盤の魅力も一瞬で色あせるほどだ。

ちなみに90年代のデジ・リマ盤も聴いてみたが、創成期のCDのような金属的な刺激の強い音が耳について、すぐに針を上げてしまった。

うーーん、リマスターってほんとうにむずかしいもんですね(←なぜか水野晴郎調…笑)。
nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 5

路傍の石

専門的なことになりますが、オリ盤やこれまで各国盤はほぼすべて、写真と黒のロゴはブラック、赤のロゴと紺色のロゴはそれぞれ特色の合計3色のインキを使って印刷していました。ところが今回は、全体の絵柄をオリ盤のジャケからカラーでスキャニングして処理した関係で、全体をブラック+マゼンタ+シアン+イエローの原色インキ4色の掛け合わせで、カラー印刷の要領で印刷しています。モノクロの写真がグレーに浮いて見えるのは、その部分に4色のインキが乗っているからです(8倍くらいのルーペで見るとわかります)。こういうことは、印刷製版をMacで簡単にできるようになってからよくあることです。でも本当のプロなら、きちんとオリジナル通りに3色に分版し直してやるんですけどね。
by 路傍の石 (2014-09-28 22:27) 

路傍の石

(追伸)ジャケの裏面はオリジナル通り、ブラックの1色で印刷されています
by 路傍の石 (2014-09-28 22:29) 

parlophone

路傍さん、どうもです。

>、全体をブラック+マゼンタ+シアン+イエローの原色インキ4色の掛け合わせで、
>カラー印刷の要領で印刷しています

>本当のプロなら、きちんとオリジナル通りに3色に分版し直してやるんですけどね

なるほどねー。
どこの世界でも本当のプロが少なくなったという証左ですね。

相変わらず路傍さんのコメントはものすごく勉強になります。
これからもよろしくお願いしますね^^

ところで8倍ぐらいのルーペって、どこに行けば買えますか?
by parlophone (2014-09-29 22:07) 

路傍の石

「8倍 ルーペ」で検索してみてください。amazonでも手に入ります。お薦めは手に持って見る大きなものではなく、スタンド式で折りたたみできるタイプが使いやすいです。
by 路傍の石 (2014-09-29 22:53) 

parlophone

路傍さん、ありがとうございます。

さっそくAmazonで注文したいと思います。
どんなものが見えるのか、楽しみです^^
by parlophone (2014-10-02 02:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。