So-net無料ブログ作成

大瀧詠一 『Song Book Ⅰ』 [日本のロック・フォーク]

今年の3月21日は大瀧がソニー関連のアーティストに提供した楽曲を集めた『Song Book Ⅰ』だった。
(来年はもちろん『ロンバケ』ですね^^)

01.jpg

ぼくは91年にリリースされたオリジナルの『Song Book Ⅰ』を知らないのだが、今回のリマスターは増補改定版ということで次の5曲が追加されている。

M-14 ポップスター/市川実和子
M-15 うれしい予感/渡辺満里奈
M-16 いちご畑でつかまえて/松田聖子
M-19 夢で逢えたら/ラッツ&スター
M-21 幸せな結末/大滝詠一


もちろん例によって大瀧の詳細な解説付き。

02.jpg

しかしこうやってずらりと並んだ大瀧作品を聴いていくと、たとえ他人への提供曲であっても(もちろんアーティストへの配慮はじゅうぶんになされたうえで)かれ独特のディレッタント精神が横溢した作品集ですね。
恐れ入りました。
個人的にはフィル・スペクターがプロデュースしたジョージの作品のようなM-3「あなただけI LOVE YOU」、美空ひばりの「お祭りマンボ」への完璧なオマージュ、中原理恵のM-7「風が吹いたら恋もうけ」、芸達者な西田俊行の歌のうまさに思わずニンマリのM-8「いかすぜ!この恋」、ジョニー・シンバルの「ミスター・ベース・マン」ばりのスキャットが聞けるラッツ&スターのM-11「星空のサーカス」、大瀧も書いているけれど完璧なナイアガラ・サウンドが聞けるM-15「うれしい予感」あたりがお気に入りかな。

初回は三方背のカヴァー・ケース仕様。

03.jpg

なお、同時に大瀧のカヴァー集である『Cover Book Ⅰ』と、ファースト・アルバムのカヴァー『オムニバス1』もリリースされたが経済的な余裕がまったくないので、泣く泣く見送った。

nice!(4)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 13

Cold Sun

遼さん、こんにちは
1981年発売の『風立ちぬ/松田聖子』にノックアウトされてから28年と5ヶ月~
大滝詠一関連作品は、気なが~に、のんびりと、安価なシングル盤での入手をモット~に集めてます。
楽曲に集めたくなる魅力、魔力があります。オリジナル・ジャケもそれぞれ味があって良いですね。先日はビクター関連の『冬のリヴィエラ/森進一』を入手しました。
ソニー関連は他に『さらばシベリア鉄道/太田裕美』と『フィヨルドの少女/大滝詠一』しか持ってないので、『Song Book Ⅰ』を全曲制覇するには、あと何年かかることやら~
by Cold Sun (2010-03-29 17:42) 

parlophone

Cold Sunさん、こんばんはー。

>1981年発売の『風立ちぬ/松田聖子』にノックアウトされてから28年と5ヶ月~

そうかあ、もうそんなに経つんですね。
ぼくも松田聖子がデビューしたころのことを鮮明に覚えてますが、松本隆、松任谷由実、財津和夫、大瀧詠一…というように、いわゆるニュー・ミュージック系の作家陣を揃えるようになってからは、ほんとうにアルバムの質もぐんと上がって、じつに聴き応えのある作品になっていきましたよね。

>大滝詠一関連作品は、気なが~に、のんびりと、安価なシングル盤での入手をモット~

なるほど、それはいいかもしれませんね。
ただ、ぼくなんかの感覚からすると、大瀧~ナイアガラ関連は高いっていうイメージなんですが、シングル盤って安いんでしょうか…。

>『Song Book Ⅰ』を全曲制覇するには、あと何年かかることやら~

やっぱり趣味の世界って暇とお金がかかりますよね^^;

by parlophone (2010-03-31 22:04) 

col

ホントにどの曲も素晴らしい

普段、洋楽ばかり聴いてますが、「日本の歌謡曲ってやっぱりいいな」と改めて思わせてくれます

それにしても、どんなに期待外れに終わってもリマスターより新作が聴きたいですね
by col (2010-04-25 18:44) 

MASA

遼さん、お久しぶりです。
メール差し上げたんですがお返事がまだないのでこちらから失礼します。

もう4ヶ月もブログがupされていないので、何かあったのかな、とPETTYさん共々ちょっと心配しております。
お元気であれば何よりなのですが、よろしければ何かコメントいただきたいと思います。
よろしくお願いします。
by MASA (2010-07-22 01:20) 

not a second time

私も心配しています。
by not a second time (2010-07-28 06:49) 

tetsupc2

遼さ~んo(▽≦*o)))
私も気になっております。
4ヶ月もブログ更新してないのは本当に心配です。
コメントだけでも入れて頂ければ皆さん安心しますので
宜しくです(≧□≦)!!



by tetsupc2 (2010-07-28 17:28) 

きよ

遼さん、

うちも、遠いドイツから心配してたんですよ。病気でもして入院したのかな〜とか。それか、何か人に言えない都合で、もうブログが書けなくなったのかな〜とか。。。でも、こっちも引っ越しやら仕事が忙しかったりで、なかなかコメント書けなかったんです。

で、たまたま今日見てみたら、MASA さん、not a second timeさん、tetsupc2 さんがコメントしてたんで、やっぱり、他のみなさんも心配してたんだなって。。。
by きよ (2010-07-30 02:04) 

milk_tea

私も、かれこれ1ヶ月前くらい・・・?メールを書いてみましたが音沙汰なし・・・。
この感じは、何かあって突然ブログの世界がイヤになってしまったか(でもホームページも止まってる)、あとはやっぱり突然のケガとか病気とか、何かそういう事情かなと・・・・。
なんだかちょっと最悪の事態までも想像してしまうんです。
何かリアクションいただけるといいのですが。
by milk_tea (2010-07-30 22:45) 

Zamora

こんばんは。Zamoraです。

遼さ~~ん! 元気ですよね。

milk_teaさん、そうなんですよ。
私も色々な可能性を考えたんですが、何かね。

こうやってmilk_teaさんと既知の仲みたいな書き方が出来るのも
元はと言えば遼さんのおかげだし。

第一、下ネタ嫌いを公言する遼さんが、07-27 13:02の書き込みの
削除さえしないなんて、正直なハナシ異常です。

私は、書き込みこそたまにしかしませんが、こちらに訪れるのが日課に
なってたので、ポッカリ穴あき状態です。

このまま、復帰を待ってるしかないんですかね。心配です。
by Zamora (2010-07-31 00:00) 

milk_tea

>第一、下ネタ嫌いを公言する遼さんが、07-27 13:02の書き込みの
>削除さえしないなんて、正直なハナシ異常です。

確かにそうですね。
なんか絶対におかしい・・・・・・。
こうなってくると、最悪の事態でないなら良しとすべきところなのかもしれませんが、parloさんほどの安定した人格の方が何だか本当に、顔の見えないこの世界に徹底的にイヤ気がさす何かがあったとしたら、それはそれで、「最悪な事態」に次ぐくらいの事態とは言えますね。

・・・とか、こぞってこんなところで騒いでいると、逆に戻りにくいのだろうか。

私のブログにそれなりに多くの方が来てくださるようになったのもparloさんのおかげ・・・黙って居なくなるなんて無しですよ~(泣)

by milk_tea (2010-08-01 00:34) 

nota asecond time

みなさん 心配されてますね。僕は同じ福岡県なんだけど・・・確かめようがない・・・・
by nota asecond time (2010-08-02 20:23) 

Backstreets

ご無沙汰しております。
お書きになった文章から人格者と察せられる遼さんがコメントに返信もせず、下ネタを削除しないまま放置しておられる状況は尋常ではないと思えます。他人様のことをあれこれ詮索したり邪推したりすることは誠に失礼ですが、パソコンに向き合えない事態に陥られているようで心配です。
私の兄と同年代であり、音楽的にも体験的にも共通したものを感じていただけにとても残念です。
by Backstreets (2010-08-16 00:17) 

ヴォルフガンガー

どのくらいたくさんの人々が、今でも毎日のように何か変化はないかと切ない思いで、このブログを訪ねているのでしょう。わたしもその一人です。

私がこのブログを訪ねるようになったのはまだ一年ほどですが、ビートルズのアナログ盤の情報や多くの美しい写真には、ほんとうにたくさんのことを勉強させてもらいました。そして何よりも遼さんの音楽に対するニュートラルな接し方やまたそこから想像される誠実な人柄に惹かれて、私を含めたくさんの人がこのサイトを訪ねていたのだと思います。

しかし、いざこのような状態になるとインターネットを介した人間関係のはかなさを痛感します。ネットの世界では、一般に人と人とが知り合うために必要な様々なきっかけや手続きを経ることなく容易に人々がつながることができます。しかしいざとなるとその人の安否すら確認する方法がないことに愕然とします。(私のようなただの閲覧者よりももっと深く知り合っていらっしゃる方は何か事情をご存知なのかも知れませんが)
今、私にできることは、ただ遼さんのご無事を祈って毎日ここを訪ねることのみです。
by ヴォルフガンガー (2010-10-02 13:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る