So-net無料ブログ作成

続・3拍子の魅惑―最初の記憶編 [MORE MUSIC!]

今回の記事はほんとうにとりとめもないものなので、お時間の許す方のみお付き合いくださいね(笑。

きょうは朝から一つのメロディーが繰り返し頭のなかで流れていた。
ジェイムズ・テイラーの「スウィート・ベイビー・ジェイムズ」だ。

01.jpg

おなじ名前の甥っ子ジェイムズ(兄アレックスの息子)のために書いたといわれるこの曲は

Goodnight you moonlight ladies
Rock-a-bye sweet baby James
Deep greens and blues are the colors I choose
Won't you let me go down in my dreams
And rock-a-bye sweet baby James


というように、とても美しい歌詞をもった3拍子の子守唄で、スティールギターの音色がうっとりするような素敵なカウボーイ・ソングだが、この歌のなかにたいへん印象的な部分がある。

Now the first of December was covered with snow
And so was the turnpike from Stockbridge to Boston
Lord, the Berkshires seemed dream like on account of that frosting
With ten miles behind me and ten thousand more to go


12月の最初の日は雪が降り積もり
ストックブリッジからボストンに向かう高速道路も真っ白だった
バークシャーの丘は霜のせいでまるで夢のように美しかった
ぼくはたった10マイル進んだだけで先はまだまだ長かった
                 (中川五郎 訳)

年末にクルマで帰省する人は雪で高速や一般道が渋滞してる光景によくぶつかると思うけれど、そんな何気ない情景もジェイムズによって歌われると、旅愁というより目の前に広がる果てしない未来への憧れと不安を感じさせるような切ない景色に変わってしまう。
「ああ、きょうから12月だなあ」と思ったとたんに、この曲が頭のなかを流れ出したのだった。

この曲のことは以前「ア・ファシネイティング・リズム―3拍子の魅惑」という記事でちょっと取り上げたことがあったので、どんなことを書いたっけ?と思いながらその記事を眺めていたら、ぼくが最初にこころ惹かれた3拍子の曲は、たぶん映画『サウンド・オヴ・ミュージック』のなかの「私のお気に入り My Favorite Things」なんだろう…と書いている。

とんでもない!

それよりもずーーっとまえから好きだった3拍子の曲があるのだ。
それをきょう思い出した(笑。

中国の大連で生まれたぼくの父は若いころにベートーヴェンから音楽に入り、戦争が終わって南方戦線から復員すると、いろいろな音楽を浴びるように聴いていた。
そんな父のレコード・コレクションのなかで、ぼくが好きだったのはたとえばハリー・ベラフォンテのカリプソだったり、バーズのフォーク・ロックだったり、ハイドンの交響曲だったリしたのだが、シャンソンのなかで1曲だけ、すごく好きな曲があった。
アンドレ・クラヴォーの「パパと踊ろうよ―Viens Valser avec Papa」という曲だ。

父がもっていたのは『CA C'EST LA CHANSON サ・セ・ラ・シャンソン』というコンピレーションで、イヴ・モンタンやジルベール・ベコー、イヴェット・ジローといった有名な歌手の作品に混じってこの曲が入っている。

02.jpg
(たぶん1960年ごろのレコード。
表裏ともコーティングのあるペラジャケのスリーヴで裏には上下に折り返しがある)

まだレコード・プレイヤーを触ることが許されていなかったぼくは、よく父や母にねだってこの曲をかけてもらった。

03.jpg
(レーベルはANGEL RECORDSで発売元は東芝音工。「Viens Valser avec Papa」はA-6に収められている)

(ぼくは―ただでさえ重いソネブロがよけいに重くなるような気がするのと、どうしても著作権関係のことがひっかかって―個人的にはブログにYou Tubeを貼り付けるのをあまり好まないのだけれど、この曲を知っている人は少ないと思うので、きょうだけは許してもらおうと思う)

    

このワルツのなかで天使のように笑っているのはカトリーヌという6歳の少女だそうだが、ひょっとするとぼくはこの曲を聴きながらまだ見たこともないこのコロコロとよく笑うフランスの少女に恋をしていたのかもしれないなあ…とそんなことを今になって思っている。
nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 18

MASA

こんな曲を知っているのはたぶん我々アラフィフ世代だけでしょうね(笑)。
小学校低学年の頃によくラジオで聴いたのをよく覚えています。
確か何とか言う日本のシャンソン歌手がカヴァーしてましたっけ。

by MASA (2009-12-02 01:59) 

MORE

>確か何とか言う日本のシャンソン歌手がカヴァーしてましたっけ。

芦野宏さんですね。懐かしい・・・

Sweet Baby Jamesのワーナー・パイオニア盤は私も買いました。
初期のパイオニア盤は音が悪かったです。
テープヒスがひどくて閉口しました・・・
このアルバム、内容は大好きだったんですが、耳につく音だったせいかあまり良い印象がないんですよ。
その後CDで聴き直して胸をなでおろしましたが・・・

by MORE (2009-12-02 09:12) 

parlophone

MASAさん、こんばんはー。

>小学校低学年の頃によくラジオで聴いたのをよく覚えています

えーーっ! ラジオでよく流れてたんですか!
ぼくはレコードで聴いた思い出はあってもラジオで聴いた覚えはまったくありません。

>確か何とか言う日本のシャンソン歌手がカヴァーしてましたっけ

これもびっくりです。
カヴァーではあの女の子の笑い声はどうなってたんでしょう。
「パパと踊ろうよ」という曲だから当然入ってたんでしょうね…。
by parlophone (2009-12-02 21:29) 

parlophone

MOREさん、こんばんはー。

>芦野宏さんですね。懐かしい・・・

いましたねー、そういえば…。
名前を聞けば顔や声もなんとなく浮かんできますね。
普段はまったく忘れてるのに(笑。

しかしやっぱりむかしは上手な人がたくさんいましたねー。
越路吹雪は別格としても高ヒデオさん(ヒデオの字がわかんない^^;)とか…。

>テープヒスがひどくて閉口しました・・・

たしかにこのアルバムはいまCDで聴いてもテープヒスは気になりますね。
内容がいいだけに残念です…。
by parlophone (2009-12-02 21:33) 

ニブ

こんばんは

確か、伊武雅刀さんもカバーしていました(内容はお笑いだったかもしれません)

高英男さん・・・映画「吸血鬼ゴケミドロ」で観ました(笑)
by ニブ (2009-12-02 23:49) 

MASA

再びこんばんは〜。
芦野宏さん(MOREさん、ご教授ありがとうございます^^)のカヴァーにはあの女の子の声はなかったと思いますねえ。
たまにNHKかどこかのTV番組で歌ってました。
by MASA (2009-12-03 00:24) 

parlophone

ニブさん、こんばんはー。

>確か、伊武雅刀さんもカバーしていました

そうなんですかー。
というとそんなに古いカヴァーじゃないですよね。
せいぜい70年代?
知らなかったなあ(笑。

>高英男さん・・・映画「吸血鬼ゴケミドロ」で観ました(笑)

あーーー、そうそう(笑。
あの高さんは怖かったですね~。

あと、子どものころ見て思いっきり怖かったのは『マタンゴ』。
「パパと踊ろうよ」とはまったく関係ありませんが(笑。
by parlophone (2009-12-03 22:36) 

parlophone

MASAさん、どうもです。

>カヴァーにはあの女の子の声はなかったと思いますねえ

そうなんですか。
それは残念ですねー。
女の子の笑い声が、この曲の雰囲気を決定づけてると思うんですけど…。

>たまにNHKかどこかのTV番組で歌ってました

へえー、まったく知らないですね。
聴いてみたかったなあ~。
by parlophone (2009-12-03 22:38) 

きよ

こっちは雪は降ってないけど、曇り空。12月に入って、少しまた寒くなってきました。

うちも、ジェイムス・テイラー聴こうと思って、探したら、なんとこのアルバム持ってませんでした。持ってると思ったら。。ジェイムス・テイラーは、ファーストと、ワーナーからの3枚だけ。いつか、リマスターされるだろうと待ってたんで、あんまり買わなかったんです。いまだにワーナーからのはちっともりマスターされてないのはなんでだろう。

っと、思ったら、ジェイムス・テイラーの横に、ピーター・ゴールウェイがあったので、代わりにそっちを聴いてました。ピーター・ゴールウェイは、今年始め遼さんのところにも紹介されてましたよね?それも、ちゃんと読んでたんですよ、で、この間春に日本に帰った時に、アルバムを買いました!

ところで、このシャンソンのアルバムのジャケット、とっても良い感じですね。こういうの壁に飾りたいな。。。
by きよ (2009-12-04 04:18) 

MORE

>あと、子どものころ見て思いっきり怖かったのは『マタンゴ』。

思いっきり吹き出しそうになりました!
私も見ましたよー、ちゃんと映画館で。
確か一人で見に行きましたっけ・・・
ゴジラとかマタンゴとか、環境汚染問題が背景なんですよね。

それから、ジェイムズを長男(ですよね?違った?)とするテイラー兄弟って、みんな良く似ていますよね。(太さや高さは違うけど)
妹のケイトまで口元とかジェイムズにそっくりで笑ってしまいます。(悪い意味じゃないです)
by MORE (2009-12-04 10:29) 

tetsupc2

遼さんさんお世話になります。
いつもブログ拝見しております。
すみませ~ん、記事とは全く関係ないコメントなのですが・・・
先程てらださんとMASAさんのところにも同じコメントをしたのですが
本日職場のPCでアマゾンを見ていましたら
突然ですが!とんでもないもの??を見つけたのですが
『ABBEY ROAD (VINYL BOX+LARGE T-SHIRT) [Analog] [Limited Edition] [Box set] [Import] [from UK] 』
とありどうやらアビイロード発売40周年BOX(Tシャツ付)のようなのですが詳細が何ともわかりません・・・??
何か情報ご存知ないでしょうか、、、
ネットで色々検索したのですが情報が乏しくてアナログ盤は09リマスターのものなのか?1枚組か?2枚組か?
付属品はTシャツ以外何があるのか?全く探せませんでした・・・
もし情報お持ちでしたら宜しくお願い致しま~す!!

by tetsupc2 (2009-12-04 13:33) 

ニブ

遼さん、こんにちは

伊武雅刀さんによる「パパと踊ろう」カバーですが、1983年のシングル「子供達を責めないで」のB面でした。探して聞いてみました(笑)

内容は、女の子の笑い声も入った素直なカヴァーです。が、しかし(笑)途中から、ニュース音声がミックスされまして、「こどもが父親をどう思うかというアンケート・・」が流れます(ここで笑わせています)

A面での「子供の・・・が嫌いだ~!」に対してB面では「子供達が父親を小馬鹿にしている」という、愛情溢れる素晴らしいシングルですね(笑)

長々と下らんことを失礼しました。
by ニブ (2009-12-05 14:14) 

parlophone

きよさん、こんばんはー。

>12月に入って、少しまた寒くなってきました

よくわかりませんが、デュッセルドルフは寒いでしょうねえ。
福岡は九州とはいえ日本海側なので、冬はけっこう寒いです。
とはいっても最高気温は12℃ぐらいですけど^^

>いまだにワーナーからのはちっともりマスターされてないのはなんでだろう

あらら、ほんとですね。
ぼくは2006年の紙ジャケでてっきりリマスターされてると思ってたのに、いま解説や帯のどこを探してもデジタル・リマスターの表記は見当たりません…(涙。

>ジェイムス・テイラーの横に、ピーター・ゴールウェイがあったので、代わりにそっち

え?
よくわかりませんが(笑)、ピーター・ゴールウェイはJTの代わりになるんですね?
まあ、ぼくもどっちも好きなので文句はありませんが。

>それも、ちゃんと読んでたんですよ、で、この間春に日本に帰った時に、
>アルバムを買いました!

ありがとうございます。
お役に立てたようでうれしいです♪

>ところで、このシャンソンのアルバムのジャケット、とっても良い感じですね
>こういうの壁に飾りたいな。。。

いいでしょ^^
ぼくもレコードラックにディスプレイしてるんですよ。
古いレコードなのでちょっと薄汚れていますが、父や母がよく聴いていたアルバムなので、そういうのも含めていい感じです(笑。
by parlophone (2009-12-05 23:19) 

parlophone

>私も見ましたよー、ちゃんと映画館で
>確か一人で見に行きましたっけ・・・

えーー!!
MOREさん、ぼくよりいくつ年上なんでしたっけ?
ぼくは母と見に行って、でも怖くて怖くて泣きそうになってたら
「大丈夫よ。あの人たちのこちら側には監督さんとか照明さんとか、たくさんスタッフの人たちがいて、それで映画撮ってるんだから」
と教えてくれたので、それからは恐怖映画(むかしはそう呼んでましたっけ?)も怖がらずに見れるようになりました^^;

>ジェイムズを長男(ですよね?違った?)とするテイラー兄弟

アレックスが長男みたいですよ。
でもほんとよく似てますよね。
リヴィングストンのアルバムなんて、ほんと声までよく似てて間違えそうになります(笑。
ケイトの口元もほんとジェイムズによく似てますよね~。

by parlophone (2009-12-05 23:28) 

parlophone

tetsupc2さん、こんばんはー。

全く関係ないカキコありがとうございます(笑。
でもおかげでてらださんのブログからほえーさんのサイトを紹介してもらって、
『ABBEY ROAD (VINYL BOX+LARGE T-SHIRT) [Analog] [Limited Edition] [Box set] [Import] [from UK] 』
の商品紹介を見ることができました。

しかし便乗商品というか、いろんなアニヴァーサリー関連商品が出てるんですね。
びっくりしました。
ぼくもなにも知らなければうっかり買ってしまったかもしれません。

それにしても今年中に出るような噂があったヴィニルはどうなったんでしょうね?
by parlophone (2009-12-05 23:38) 

parlophone

ニブさん、こんばんはー。

>長々と下らんことを失礼しました

とんでもない、貴重な情報をありがとうございます。
そうかあ、「子供の・・・が嫌いだ~!」のB面ですか。
あの曲はよくコンビニの有線なんかで流れていたのを聴いてました。

でもシングルをお持ちとはうらやましい。
ぜひB面を聴いてみたいものです。

by parlophone (2009-12-05 23:41) 

JD

遼さん、こんばんは。
この曲、知りませんでしたがとっても良い曲ですね。非常に気に入りました。
仏AmazonでAndre Claveau のCDの曲を試聴して他の曲もなかなか良かったので、どれか購入してみようと思っています。

映画Let It BeでPaulがGeorgeに当てつけるかのように歌いだすDominoはこの人の持ち歌だったんですね。シャンソンだったとは。
by JD (2009-12-06 00:54) 

parlophone

JDさん、こんばんはー。

「パパと踊ろうよ」気に入ってくださったみたいでうれしいです^^

>仏AmazonでAndre Claveau のCDの曲を試聴して他の曲もなかなか良かった

ぼくも慌てて仏Amazonを覗いてみました。
けっこうCDが出てるみたいですね。
かれのオリジナルがどれだけあるのかわかりませんが、けっこうカヴァーなんかもあって、シャンソンのアルバムとして楽しめそうですね。

>映画Let It BeでPaulがGeorgeに当てつけるかのように歌いだすDomino

試聴してみてもちょっとその場面が思い浮かびませんが(以前持っていた『LET IT BE』のヴィデオは人にあげてしまいました)、シャンソンを歌うなんて、いかにもポールらしい当てつけですね^^;

by parlophone (2009-12-06 19:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。