So-net無料ブログ作成

追悼 ポール・ニューマン [追悼]

ポール・ニューマンが亡くなった。
以下Asahi com から記事を引用する。

米俳優ポール・ニューマン、83歳で死去

[ロサンゼルス 27日 ロイター] 米俳優ポール・ニューマンさんが26日夜、長いがんとの闘病の末、コネティカット州ウェストポート近くの自宅で死去した。83歳だった。広報担当者が27日に明らかにした。

 ニューマンさんは60年以上にわたってハリウッドの第一線で活躍。50作品を超える映画に出演し、代表作には「熱いトタン屋根の猫」、「ハスラー」、「明日に向って撃て!」、「スティング」などがある。

 アカデミー賞には俳優として9回ノミネートされ、1986年の「ハスラー2」で主演男優賞を受賞。映画俳優・監督としてだけでなく、自動車レーサーや実業家としても成功を収め、食品事業で得た収益を通じて世界各地の慈善団体に多額の寄付もしていた。


     1768332.jpg

ポール・ニューマンはぼくらの世代のヒーローだった。
もう少し上の人たちなら文句なくスティーヴ・マックイーンかジェイムズ・ディーン。
でもぼくらにとってはやはり69年のあの鮮烈な名作『明日に向って撃て!』は忘れられない。
ぼくはまだ中学生だった。
ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロスという当時のハリウッド若手俳優3人の共演ということでも話題だったし、バート・バカラックの「雨にぬれても」もラジオでヒットしていた。

つぎが73年の『スティング』だろう。
おなじくレッドフォードとの共演だったが、『明日に~』がアメリカン・ニューシネマど真ん中の作品で、例によって主人公たちが悲劇的な死を迎えるのに対して、『スティング』は胸のすくようなピカレスク・ロマン。
列車強盗や詐欺師という役柄がじつによく似合った。

でも個人的にいちばん大好きなのは、そのニューシネマ直前のニューマンだ。
66年の『動く標的』、67年の『暴力脱獄』。

とくにロス・マクドナルドのハードボイルドを映画化した『動く標的』のニューマンはほんとうにかっこいい。
映画の冒頭、二日酔いで目覚めた朝、コーヒーを入れようと缶を開けると粉がない。
しかたなくゴミ箱から昨日のコーヒーをフィルターからこぼさないように拾い出し、もう一度お湯で入れて飲む、その表情がたまらん(笑。
うらぶれた探偵役がぴったりだった。

ニューマン・ファンの方はこの映画を見てから、もう一度『スティング』をご覧ください。
ニューマンの登場シーンで吹き出すこと間違いなし!
nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 9

DEBDYLAN

こんばんは。

この訃報、僕はびっくりしたの一言です。
最近、映画はあまり観ていないこともあり。。。

遼さんより若い僕にはリアルタイムのヒーローじゃありませんでした。
でも何故か(親父の影響ですが)
彼の出ている映画はそこそこ見てました。

あの笑顔に当時のDEB少年は憧れました。

『動く標的』
観たことありません。
今度観てみますね。

『暴力脱獄』は好きな映画のひとつです。

僕も彼の訃報を知り拙文を書きました。
トラバさせていただきます。

心からご冥福をお祈りします。

by DEBDYLAN (2008-09-29 22:07) 

MASA

私も最初「え〜っ?!」と思わず声が出たほど驚きました。
あまり昔の作品は観てませんが、「明日に向かって撃て!」「スティング」「タワーリング・インフェルノ」など、学生時代に観た映画はみんな印象深い作品ばかりでしっかりと脳裏に焼き付いています。

「動く標的」は昔テレビで観たような気がしますが憶えてません(汗)。
とにかく残念でなりません。
ご冥福をお祈りします。合掌。
by MASA (2008-09-29 22:44) 

DEBDYLAN

nice!は銀幕の世界から僕等に楽しみをいっぱいくれた、
故人へのささやかな感謝の気持ちです(照)


by DEBDYLAN (2008-09-29 23:02) 

あ~る

遼さん今晩は、はじめまして。
私はこのニュース、今朝になって初めて知りました。
ファンというには、あまりにも知ってから日が浅く、作品も全て観ている訳ではないのですが
いち映画好きとして尊敬する俳優さんの一人でした。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

※私も、記事をTBさせていただきました。
by あ~る (2008-09-29 23:32) 

parlophone

DEBDYLANさん、こんばんは。
nice!&comment ありがとうございました。

>でも何故か(親父の影響ですが)彼の出ている映画はそこそこ見てました

いいですね~。
お父様もお好きだったんでしょうね。

>あの笑顔に当時のDEB少年は憧れました

男がホレボレとしてしまうような魅力ある俳優さんでしたね。
マーロン・ブランドは晩年迫力のある俳優になりましたが、ポールは最後までシャープな印象が変わりませんでした。

>『動く標的』 観たことありません。今度観てみますね

調べてみたんですが、残念ながらヴィデオテープしか出ていないようです。
レンタル・ショップにあればいいのですが。

>トラバさせていただきます

了解しました。
こちらからもよろしくお願いいたします。
by parlophone (2008-09-29 23:51) 

parlophone

MASAさん、どうもです。

>私も最初「え〜っ?!」と思わず声が出たほど驚きました

やっぱりそうですか。
ぼくもじつに残念で、ありふれた言い方になってしまいますが、また一人時代を代表する名優がこの世を去ってしまった、という気持ちでいっぱいです。

>「明日に向かって撃て!」「スティング」「タワーリング・インフェルノ」など、
>学生時代に観た映画はみんな印象深い作品ばかり

人がたくさん死ぬ映画は苦手なので『タワーリング・インフェルノ』は劇場では見ませんでしたが、マックイーンとの共演シーンには興奮させられましたね。

>「動く標的」は昔テレビで観たような気がしますが憶えてません(汗)

まあ、映画としてはあまり印象に残らない作品かもしれません(爆。
でもとにかくニューマンが魅力的で、画面見てて惚れ惚れしてしまうんですよね(笑。
ほんとうにスタイリッシュな名優でした。
by parlophone (2008-09-29 23:59) 

parlophone

あ~るさん、初めまして。
ようこそいらっしゃいました。
管理人の遼(parlophone)と申します。
よろしくお願いします。

>いち映画好きとして尊敬する俳優さんの一人でした

いまもかっこいい俳優っていっぱいいるんでしょうけれど、スクリーンに出てくると空気がピリッとする俳優さんって少なくなったような気がしますね。
『ハスラー』のジャッキー・グリスンとの息詰まる対決なんかもCGを使った『ハスラー2』とは比べものにならないような気がしました。

こちらからもトラバさせていただきますね。
by parlophone (2008-09-30 00:08) 

lonehawk

遼さん、こんばんは。
数年前には俳優を引退するというような話題もあったので、ポール・ニューマンの訃報に触れた時は「やはり体調が悪かったのもあったのかな」と思ってしまいました。
今日はそんなポール・ニューマンを偲んで久々に『スティング』を観てみましたが、本当に何度観てもあらゆる面で凄い作品だなぁ、と感じさせられましたね。

『動く標的』はワタシも未見ですが、DVD化されていないとなると観るのは難しいのかもしれませんね。
でも、遼さんの記事を拝見していたら一度観てみたくなりました。
by lonehawk (2008-09-30 01:15) 

parlophone

lonehawkさん、こんばんはー。

ぼくは2002年にサム・メンデスの『ロード・トゥ・パーディション』を劇場で見て以来、ポール・ニューマンについてはまったく情報を得てなかったのでびっくりしました。
それにしても『スティング』はすばらしい映画でしたね。

『動く標的』はBSかCSで追悼特集としてやるかもしれませんね。
暇があったらちょっと見てみてください^^

by parlophone (2008-10-01 00:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

メッセージを送る