So-net無料ブログ作成

ポール・マッカトニー・アンソロジー 『THE McCartney Years』 [BEATLES]

Amazon からポールのヴィデオ・アンソロジーが届いた。
3枚組のDVD で、比較的コンパクトなパッケージだ。

   

ぼくはポールのソロに関しては完全な後追いで、1977年だったと思うが、そのころはまだ高校生だった妻がポールの大ファンで、ソロ・アルバムを何枚か貸してくれたのがきっかけだった。

80年代に入って、いわゆるMTV ブームが起こると、ポールやウイングスがTV に登場する機会も増え、『ロックショウ』のレーザー・ディスクがリリースされたりして、それからは何枚かライヴのレーザー・ディスクを購入したりもした。

今回のヴィデオ・アンソロジーでいちばん楽しみだったのは、そのポール・マッカトニー&ウイングスの1976年の全米ツアーをシュートした『ロックショウ』だった。

それではパッケージングからご紹介していこう。
アウター・ケースはマット仕上げの薄い紙質のもので、レコードのジャケットでいえばE 式という感じだ。
ポールの特徴的な右目(というより右眉?)が35年間の画像のコラージュで表現されている。

インナー・ケースは4つ折のデジパック。

   
   (インナーを取り出したところ)

こちらが表紙ということになるのだろうか。

   

開けるとそれぞれのディスクに収められた曲名だけが記載されている。

   

さらに開くと左端のポケットにはカラー・ブックレット、右側には3枚のディスクが収まっている。

   

ブックレットは28ページで、ライナーノウツはバリー・マイルズ(Barry Miles)。

   

あとは年譜があるだけで、こちらにもクレジット関連の記載は一切ない。

ではDVD を簡単に見てみよう。
もちろん最初にプレイヤーに載せたのはDisc 3 の「ライヴ・コレクション」だ。

   

76年の『ロックショウ』から今回のディスクに収められたのはわずかに7曲。

   

気になる画質だが、丁寧なレストアが施されたとみえてとても30年前の画像とは思えない。

   

色彩のバランスもナチュラルで色乗りもいい。

   

音声もリニアPCM (48kHz/16bit) とDTS 5.1ch サラウンドでふつうのリスニング・ルームで聴くだけなら申し分ない。
久しぶりに「ブルーバード」を聴いて涙が出そうになりました。
これはもう完全版を期待するしかない^^

つづいて1991年のMTV アンプラグド。

   
   (ポールのギターはレアな左利き用のMartin D-28と思われるが、ピックアップか何かを取り付けた
    のか、ブリッジのところに白蝶貝のような埋め込みが見られる)

ぼくはCD で聴いただけでTV で見たことがなかったのでこちらも楽しみだったのだが、収められたのはわずかに4曲。

   
   (リンダも演奏に参加していたんですね^^;)

MTV アンプラグドはいろんなアーティストのものが映像でリリースされているので、こちらもぜひ完全版のリリースを望みたいところだ。

2004年のグラストンベリーになるとポールもめっきり老けてしまう。

   

しかしそれより「EXTRAS」に収められた2005年のスーパーボウルのほうがぼくには楽しめた。

   

ここには「ドライヴ・マイ・カー」、「ゲット・バック」、「007/死ぬのは奴らだ」、「ヘイ・ジュード」の4曲が収められているが、「007」ではお約束の花火が盛大に打ち上げられ、聴衆は大興奮のうちに、「ヘイ・ジュード」になだれこみ、観客全員の大コーラスで熱狂的にライヴが終わる。

   

いくつになってもポールは元気だ。

Disc 1と Disc 2PV 集はそんなにたびたび見ることもないと思うが、最初の「PLAY LIST」の画面で「CHRONOLOGY」を選ぶと、年代順に視聴できるのがありがたい。

   

   

1971年の「故郷のこころ Heart of Country」なんか、久しぶりに見てほ~~んとに懐かしかった。

   

さてぼくがポールの曲を聴いて、あー、ほんとにいいなあと思った最後の曲が1992年の「明日への誓い Hope of Deliverance」。

    

このころになると画質は最近のものと比べてもあまり見劣りしない。
リンダも元気で綺麗だったなあ…。

   

繰り返しになるが『ロックショウ』の完全版(もちろんデラックス・エディションならもっといいけど)、ぜひ早いうちにDVD のリリースを実現させてほしいところだ。

なお、この作品はAmazon のアフィリエイト紹介料で購入させていただきました。
ありがとうございました。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 8

ouichi

これも年内には買いますよ~。
やっぱり目玉はロックショウですよね。
画像が良くなっているのは嬉しいですが、遼さんの記事を読んでるだけで
完全版に夢が膨らんでしまいました。
CD版は耳タコなのですが実は映像で観たことないんですよね~。
そうですよ、MTV アンプラグドはリンダはちゃんと参加してますよ。
「EVERY NIGHT」がよかったなぁ。
by ouichi (2007-11-16 00:27) 

MASA

遼さんは「HELP!」は買うけど、こっちは買わないものと勝手に思っていました(笑)。買われたんですねー。

私も注文済みで、多分昨日あたりに届いているはずなのですが、ちょうど今回の出張に出た日と重なったので間に合いませんでした。観たいなあ。

「ロックショウ」はかなり画質が改善されてるみたいですね。完全版じゃないのがホントに残念です。
「アンプラグド」は昔WOWOWから録ったヴィデオ持ってますが、これも完全じゃないのが惜しいですねえ。
by MASA (2007-11-16 12:53) 

parlophone

ouichiさん、どうもです。

>やっぱり目玉はロックショウですよね

だと思いますね~。
多くの人がDVD化を待ち望んでるんじゃないでしょうか。

>MTV アンプラグドはリンダはちゃんと参加してますよ

そうでしたか(笑。
もう10年ぐらい聴いてないような気がします。
こっちも早くDVD化してほしいですね!
by parlophone (2007-11-16 22:03) 

parlophone

MASAさん、どうもです。

>「HELP!」は買うけど、こっちは買わない

今の時点では『HELP!』を買う予定はありません^^

>「ロックショウ」はかなり画質が改善されてるみたいですね

その点なんですけど、Amazon のユーザー・レヴューを見てみると、みんな昔のヴィデオと同じで改善されてない、とおっしゃってるんですよ。
うちは一応40インチ、1080pのフル・ハイヴィジョン液晶TVなんですけど、昔のレーザーと比べてかなりよくなってると思うんですけどね…。

>「アンプラグド」は昔WOWOWから録ったヴィデオ持ってます

日本ではゆいいつWOWOWで放送されただけなんですってね。
ぜひ完全版のDVDを出してほしいですね!
by parlophone (2007-11-16 22:15) 

DEBDYLAN

僕なんかPAULのソロはもっと後追い。
初めて買ったアルバムが今年出た新譜ってくらいなんで(^^ゞ

これはMASAさんのblogで知ってからチェックしてました。
発売日をうる覚えだったんで、リリースされたと知って少々焦ってますが・・・

僕も、やっぱり、ライブの映像ばかり観てしまいそうです。
by DEBDYLAN (2007-11-18 21:11) 

parlophone

DEBDYLANさん、こちらにもコメント、ありがとうございます。

>初めて買ったアルバムが今年出た新譜ってくらいなんで(^^ゞ

ああ、そうおっしゃってましたね^^
これからポールのソロの世界を堪能されるのだから、ある意味うらやましいです(笑。
PV もなかなか凝ったものが多いので、ぜひお楽しみくださいね♪
by parlophone (2007-11-18 22:21) 

かず

買ったけど、忙しくて、まだ見てないなぁ。
"HELP!"は英国の限定盤を購入したので、パソコンで編集しなきゃいけないけど、これは日本製をGETしたので、いつでも良いかな、と思ってるわけではないんですが。
by かず (2007-11-23 14:17) 

parlophone

かずさん、お久しぶりです♪

>"HELP!"は英国の限定盤を購入したので、パソコンで編集しなきゃいけない

おお、編集ってどんなことをなさるんですか。
興味津々です^^

ぼくもPV集のほうは見るのに少し時間がかかりそうですね~。
by parlophone (2007-11-24 02:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。