So-net無料ブログ作成

こんな名前でいいのか、LEZ ZEPPELIN [MORE MUSIC!]

先日ぼんやりとCD Journalのサイトを見ていたら、なんか目の端に見慣れた名前がひっかかった。

「ん? ゼッペリン?」

と思ったら、
「全メンバー女性のZEPPカヴァー・バンド」で、その名も

 

LEZ ZEPPELIN

 

ヲイヲイ…。

ところがプロデュースがあのエディ・クレイマーなのだ!
気になってインターネットで注文してみた(爆。

   

箱から取り出してみるとデジパック。
なんだか得したような気分だ。

内側はレコーディング関係のクレジットだけというそっけないパッケージだが、バックにはメンバーのライヴ画像が載っている。
うんうん、けっこうイケるんちゃう?(笑

   

パーソネルを見ると4人組で
サラ・マクレラン SARAH McLELLAN(vo)、
ステフ・ペインズ STEPH PAYNES(el-g,ac-g,theremin,chor)、
リサ・ブリガンティーノ LISA BRIGANTINO(b,key,mandolin,bass pedals,chor)、
ヘレン・デストロイ HELEN DESTROY(ds,perc)
となっている。
(ただし日本語表記は責任もてません^^;)

ちゃんとギタリストがテルミンを、ベーシストがキイボードやマンドリンを演奏するあたりもマニアックだ。

プロデュースは前述のとおりジミ・ヘンドリクスで有名なエディ・クレイマー(ゼップのアルバムでは『Ⅱ』や『聖なる館』でチーフ・エンジニアを務めた)で、録音とミックスもエディ、スタジオはエレクトリック・レディランド!だ。

8曲のうち2曲がメンバーのオリジナルで、6曲がZEPPのカヴァー。
ちょっとゆったりめで始まるM-1「胸いっぱいの愛を」は思わず笑ってしまうほどのほぼ完璧なコピーだ。
ヴォーカルも意外にドスが効いていて迫力がある。
ノイズが左右に飛び交う中間部の「Ah Ah~」という叫びも女性が歌うとえらい色っぽい。
かなりイケるんちゃう?(爆
ヴォーカルもギターも「完コピしました」というのではなく、彼女たち自身のノリで演奏しているので、その解釈が聴いていてとても楽しい。

ロバート・プラントがジャニスのヴォーカルを参考にしたというM-4Since I've Been Loving You」はヴォーカルの線の細さがちょっと目立って残念だ。

1. Whole Lotta Love
2. The Ocean
3. On the Rocks
4. Since I've Been Loving You
5. Rock and Roll
6. Winter Sun
7. Communication Breakdown
8. Kashmir

オリジナルのM-3On the Rocks」はタイトルどおり、シンプルなインストゥルメンタルのロックンロール。
ジミー・ペイジの、決して繊細な指使いとはいえない、ちょっとドタバタしたソロの感じがじつにうまい(笑。
もうひとつのオリジナル「Winter Sun」はそのタイトルから予想されるように、エキゾティックなインスト・ナンバー。
DADGADチューニングらしき開放弦のハーモニクスから始まるのが笑える。
ただ、マンドリンが入ってくると曲調がかなり変わってしまうのが残念だ。

鷲のような鳥が翼を広げてヌードの女性を啄ばんでいる意味深なジャケットは、もちろんZEPPのスワン・レーベルのパロディ。
(考えてみるとスワン・レーベルの画像はイカロスだろうから、この鳥はフェニックスかもしれない…^^;)

   

2ndアルバムが出たら…

 


 

買います^^

(07/07/31 追記)
彼女たちのサイトがありました。
PRESS/MEDIA/WHAT PEOPLE ARE SAYING」というコーナーの見出しを見てると、
"A whole lotta love, musicianship in Zeppelin tribute"とか
"Hey Hey Mamas Groove to the Zep"、
そのものズバリ
"The Songs Remain the Same"なんてのから、
"Is Lez Zeppelin a lesbian band?"
なんていうようなものまで載せられている(笑。
画像をCLICKしてください^^

 


nice!(5)  コメント(18)  トラックバック(2) 

nice! 5

コメント 18

DEBDYLAN

すごいバンド名ですね(笑)。

僕も聴いてみたいです。
>中間部の「Ah~ Ah~」という叫びも女性が歌うとえらい色っぽい。
特にココの部分とか(爆)。

遼さん、nice!な衝動買いでしたね!!
by DEBDYLAN (2007-07-30 21:16) 

parlophone

DEBDYLANさん、さっそくのnice!&commentありがとうございました。

>nice!な衝動買い

いや~、ほんとです。
2曲聴いて、ちょっとした興奮状態で、
あっという間に記事にしちゃいました!!(笑

>特にココの部分とか(爆)

うんうん、聴かせてあげたい^^
by parlophone (2007-07-30 21:27) 

tetsupc2

遼さんこんばんは!
ZEPPのコピーですか~
しかも、女性とは・・想像がつきませんです・・・
私は有名どころで【シナモン】は聴いた事ありますが
演奏は何とか似せてもロバート・プラントの声はちょっときついようですね。
でも、私の行きつけの中古レコショップ店長さんはZEPの超コレクターで、その方に聴かせて頂いたZEPPのコピーは本当に全てそっくり!声もロバート・プラントかと間違うくらいそっくりで、店長さんいわく思わず別テイク発見か?と思ったほどと言っていましたがホント!本物そっくりさんでした・・・これがちゃんとCD化していたようで思わず買いたい!と思った程です。
今度行ったらバンド名聞いておこうと・・・
by tetsupc2 (2007-07-30 22:16) 

MST!

おひさしぶりです♪

blogを拝見して、これは面白そうだな?と思い
アマゾンで検索したら出てきました LEZ ZEPPLIN!

試聴もできたので聴きましたが・・・
凄くいいですね!

買ってみようかな?

でもその前に・・・

LED ZEPPLINのCDを一枚も持っていないので
オリジナルを買って勉強してから買おうと思っています(笑)
by MST! (2007-07-30 22:22) 

MASA

これ、私もプロデューサーがエディ・クレイマーというのを見てちょっと気になってました。購入されましたかー。
なんかよさそうですね。ロバート・プラントのキーは女性なら簡単に出そうですね(笑)。
やっぱり私も買ってみようかな〜。
by MASA (2007-07-30 23:19) 

(笑死・・・・・)
プロデューサーに魅かれて買ってしまうなんて・・脱帽です。(爆)
by (2007-07-30 23:22) 

parlophone

tetsuさん、nice!&commentありがとうございます。

ZEPPのコピー・バンドというと有名なところではシナモン、Mr,Jimmyあたりでしょうか。
tetsuさんのおっしゃるとおり、シナモンはヴォーカルがやっぱり弱いですよね。
ノドもそうですが、英語の発音は致命的だと思います。

そこへいくとMr.Jimmyはすごいです。
ギターもヴォーカルも、もちろんベース、ドラムス、すべてが完璧。
ぼくも最初聴いたとき、未発表音源かと思いましたもん。

LEZ ZEPPELINはそういう意味でのコピー・バンドではなくて、リスペクトにあふれたトリビュート・バンドという感じでしょうか。
機会があったら聴いてみてくださいね^^
by parlophone (2007-07-31 00:19) 

parlophone

MST!さん、お久しぶりです!
お元気でしたか?

>試聴もできたので聴きましたが・・・
>凄くいいですね!

いいでしょう^^

>LED ZEPPLINのCDを一枚も持っていないので

あらら…。
でも逆に、持ってなくてあれだけのコピーができるんだからMST!さん、スゴイですよ!

こんどまた新しいベスト盤が出るというニュースも伝わってますので、ぜひ本家も聴いてくださいね^^
by parlophone (2007-07-31 00:22) 

parlophone

MASAさん、どうもです!

>これ、私もプロデューサーがエディ・クレイマーというのを見てちょっと気になってました

ですよね~。
M-3の「On the Rocks」はシンプルなロックンロールとはいえ、作曲者にもエディが名を連らねています。
けっこう真剣に惚れてるかも^^

ヴォーカルも意外とドスが利いて迫力あります。
ぜひ聴いてみてくださいね^^
by parlophone (2007-07-31 00:30) 

parlophone

あるじさん、いつもnice!&commentありがとうございます。

>プロデューサーに魅かれて買ってしまうなんて・・脱帽です

うひひ。
伝説のプロデューサーであり、エンジニアでもあったエディが動くということは、たんなるキワモノではないということなんですよね。
「これは聴いてみる価値がありそうだぞ」と。

そして…やっぱり正解でしたよ~~ん^^
by parlophone (2007-07-31 00:42) 

MST!

parlophone師匠 どうもです♪

>持ってなくてあれだけのコピーができるんだからMST!さん、スゴイですよ!

う~ん バンドが解散したのでHPから音源は削除したのですが

今となってはZEPのコピー曲をHPにUPしていたなんて・・・
なんと恐れ多い事をしてしまっていたのでしょうか・・・(笑)

それと・・・・

THE WHOの紙ジャケ 師匠のBlogをみて
急いで注文しまた・・・・

今日 届きましたがガールズ・ジャケ・・・
LPで欲しいところなんですが・・・・・・・・・・・・(LPでは無理ですが)
CDでもこのジャケット 手に入れれたら嬉しいですね(笑)
by MST! (2007-07-31 02:01) 

parlophone

>今となってはZEPのコピー曲をHPにUPしていたなんて・・・
>なんと恐れ多い事をしてしまっていたのでしょうか・・・(笑)

いえいえ、最小の4ピース・バンドであそこまでできるんだからスゴイもんです。
しかもZEPPコピバンの要はヴォーカルだと思ってるんですけど、声も
伸びやかに出てましたしね。

>今日 届きましたがガールズ・ジャケ・・・
>LPで欲しいところなんですが・・・・・・・・・・・・

お買い上げありがとうございます^^
あ! アフェリエイトに載っけてなかった(爆。

MST!さんのことだから、そのうち「ガールズ・ジャケGETしました!」な~んてコメントが聞けるかもしれませんね^^
by parlophone (2007-07-31 09:07) 

tetsupc2

こんばんは~遼さん、皆様、そしてMST!さん。
MST!さんが
>オリジナルを買って勉強してから買おうと思っています
と書かれていましたので余計なおせっかいかと思いましたが
私の所有するアナログをブログに載せてみました・・・
宜しかったらご覧下さい。
by tetsupc2 (2007-07-31 20:17) 

parlophone

tetsupc2さん、こんばんは~。
拝見しましたよ~。
以前はⅡのUSオリジだけだったと思うのですが、
いつの間にかⅠ~ⅣのUKオリジをお持ちなんですね!
すご~い。
ぼくはUK盤はⅢとⅤしか持ってません^^;
by parlophone (2007-08-01 19:56) 

prodigal

こんにちは~。
以前、友人から教えてもらったのがLEZ ZEPPELINです。その映像がこちら。首の振り方が強烈に似ていて大爆笑でした。

http://www.youtube.com/watch?v=PHAwGClswRE

こういうコピーバンドが多数あるのもZEPPたる所以ですよねぇ。
by prodigal (2007-08-02 09:57) 

parlophone

おお、やっぱりprodigalさんはご存知でしたか^^

youtubeの映像見せていただきましたが、いいですね~^^
やっぱり似てきちゃうんですよね。
ぼくが「ペイプラ」のアコースティック・ヴァージョンの「The Rain Song」をコピーしてたころ、家に遊びに来た友人がペイプラのヴィデオ見て、弾くときの仕草がそっくりだといって爆笑してました(笑。

しかし彼女たちのテクニックも確かだけど、客席も熱いですね!!
by parlophone (2007-08-02 16:57) 

cozo

自分も昨日購入して、聴いてみて『なかなかいいじゃん(^^)』
と思い、『Lez Zeppelin』について検索してみようと思ったら、
遼さんのBlogに一番先にたどり着きました!
情報が得られて、すっきりしました(^^)
by cozo (2007-12-22 08:52) 

parlophone

cozoさん、はじめまして、でしょうか?
遼(parlophone)と申します。
これからもよろしくお願いいたします。
検索で最初にたどりついたそうで恐縮です。

Zeppのトリビュート・バンドはたくさんありますが、エディ・クレイマーがプロデュースを買って出るだけあって、LEZ ZEPPELINは音楽性がしっかりしてますね^^

映像も見てみたいですね~。
You Tubeにはいくつか上がってるみたいですが。
by parlophone (2007-12-22 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。