So-net無料ブログ作成
検索選択

『ドリーム・ガールズ』 [ぼくのシネマノート]

ドリームガールズ』のDVDをはじめとするいくつかの作品がユニヴァーサルから紙ジャケで出ると知ったのは「CD Journal」のサイトだった(同時にMASAさんからも情報をいただいた)。

紙ジャケの魅力というのは、いかにオリジナル・アナログ盤のスリーヴを精巧にミニチュア化しているか、というところにあると思うので、アナログ盤が存在しないものの紙ジャケにはあまり興味がない。
ところが、この紙ジャケというのはちょっと気になった。

なにしろダイアナ・ロスとスプリームスをモデルにした内幕ものだ。
どんな紙ジャケになっているか、モータウンのアナログ盤に対するトリビュートになっているかもしれない…なんて思っていた。
ところが発売日当日、ショップで見てみると単なるデジパックだ。
けっきょくふつうのトール・ケースのものを購入した。

   

さてこの映画音楽はもちろんだが、見どころ満載である。

   
   (60年代風ファッションに身を包んだビヨンセ。美しいです^^)

ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィー、ダニー・グローヴァーといった黒人スターたちの競演、いかにも60年代というファッション、ビヨンセの美しさ、モータウンのスターたちを髣髴とさせる登場人物たちの見事ななりきり、そしてオスカーに輝いたジェニファー・ハドスンのすばらしい歌唱力。

   
   (どう見てもジャクスン・ファイヴでしょ?^^)

後半からとつぜんミュージカル・スタイルになるのには正直びっくりしたし、ストーリー自体はあまり目新しさもないのだが、これってどこまでスプリームスの内幕に忠実なんだろう?と、ミーハーな好奇心で最後まで飽きなかった。

   
   (ジェニファー・ハドスンはほんとうに圧倒的な歌唱力をみせつける)

60年代にコンクで固めていた黒人たちが70年代にナチュラルなヘアーになるなんていうちょっとしたところも楽しめた^^

   
   (縮れた髪をアイロンで伸ばして白人に近づけようとしていたころのコンク・ヘアー)

   
   (70年代の「ブラック・イズ・ビューティフル」思想以降の自然なヘア・スタイル)

初回限定のボーナス・ディスクも特典がたっぷりで、オススメです。

2006年 130分
DVD シネマスコープ・サイズ(スクィーズ)
画質=★★★★☆(最高は★5つ、☆はおまけ)
字幕の大きさ=大


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 10

珍しく、コメント一番乗りですね~(*^ v ^*)v

>60年代にコンクで固めていた黒人たちが70年代にナチュラルなヘアーに
>なるなんていうちょっとしたところも楽しめた^^

こういう目のつけ所が大好きです!

あるじは小学生の頃から友達(現在は夢が叶って〝四季〟の団員)と
良く観に行ってたんですが、ミュージカルと聞くだけでアレルギー反応を
起こすだんなは、一緒にDVDを観てくれるかしら・・?
『~怪人』が映画化された時は、ゴシック調のデコラティヴな雰囲気の
好きなだんなを「セットが凄いらしいよ!」とだまくらかして観ましたが、
やはり演技の途中で歌いだすあの形式は理解出来なかったようです。
生で観ると迫力あって面白いのになぁ・・・・・

同じ理由で『CHICAGO』も観れてません。(苦笑)
by (2007-07-02 01:06) 

MASA

私もこないだCDを買った時にショップで現物を見ましたが、ホント、紙ジャケじゃなくてただのデジ・パックだったんでガッカリでした。
なんか、かつてのソニー・ピクチャーズとかがジュエル・ケースでDVDを出していた時代を思い出しましたねえ。
でも最近収納場所に困っている私としては省スペースでいいかな、と(笑)。

実はそのとき買おうかと思ったんですが、映画をパソコンなんかでは観たくないので止めました。出張から戻るまでガマンします(泣)。
by MASA (2007-07-02 10:16) 

parlophone

あるじさん、いつもnice!とコメントありがとうございます。

>>60年代にコンクで固めていた黒人たちが70年代にナチュラルなヘアーに
>>なるなんていうちょっとしたところも楽しめた^^

>こういう目のつけ所が大好きです!

ありがとうございます。
学生時代けっこうマジにジャズの勉強をしたんで、黒人が差別を払いのけて誇りを取り戻していく過程なんかには興味があったんです。
公民権運動のきっかけになったローザ・パークス事件とバス・ボイコット運動などは資料を読んで胸が熱くなったものでした^^

>ミュージカルと聞くだけでアレルギー反応を起こすだんなは、
>一緒にDVDを観てくれるかしら・・?

ちょっと厳しいかもしれませんね~(笑。
ぼくは『雨に唄えば』とか『サウンド・オヴ・ミュージック』とか大好きで、最近のミュージカル映画は『オペラ座』、『シカゴ』はもちろん『ムーラン・ルージュ』とか(ちょっと変わったところでは『8人の女たち』なんか)も大好きなんですが、それでも音楽映画と思っていた『ドリーム・ガールズ』がとつぜんミュージカルになったのには違和感ありましたもん^^;

まあ、モータウンの内幕を描いた映画ということでムリヤリ見せてしまいましょう(笑。
by parlophone (2007-07-02 14:26) 

parlophone

MASAさん、どうもです。

>かつてのソニー・ピクチャーズとかがジュエル・ケースでDVDを出していた時代を
>思い出しましたねえ

ありましたねえ。
でも最近はCDでさえ、どこに何があるかわからなくなることが多くて(とくに紙ジャケはそう^^;)、DVDなのにデジパックだったらよけい迷いそうです。

まあトール・ケースもまったく面白味がありませんから、MASAさん、ぜひデジパックを買って、パッケージングを紹介してください(←すごい無責任^^;)
by parlophone (2007-07-02 14:30) 

DEBDYLAN

遼さん、こんばんは。
今日そちらは、凄い雨だったみたいですが、大丈夫でした?

あの~、僕デジパック買いました(笑)。

映画は、モータウンの内幕話というか、ソウル・ミュージックの歴史物語みたいな感じで楽しめました。

パッケージの紹介とあわせ、近日中に記事にしようかと計画中です。

コメントの中にローザ・パークスの名前を見かけたんで、映画とは関係ないんですがこんな拙文をトラバさせて頂きます。

宜しくお願いします。
by DEBDYLAN (2007-07-03 00:18) 

parlophone

DEBDYLANさん、ご心配をおかけして申し訳ありません。
近隣の学校では始業時間を遅らせたところもあったみたいですが、うちの子どもたちは元気に登校していきました。
福岡はもうしばらく不安定な天気が続きそうです。
みなさまもどうかお気をつけて。

>パッケージの紹介とあわせ、近日中に記事にしようかと計画中です

いいですね~。
楽しみにしてます^^

>コメントの中にローザ・パークスの名前を見かけたんで、
>映画とは関係ないんですがこんな拙文をトラバさせて頂きます

ありがとうございます。
あとでコメントに行きま~す^^
by parlophone (2007-07-03 21:31) 

chitlin

遼さん、こんばんは!
サントラもこのDVDも見送ったchitlinです。(この夏、紙ジャケットCDのおかげで身動きを取れなそうで)

こちらを拝見しまして大画面・大音量の記憶が甦って来ましたぁ。
描き方が足りなかったり物語がありがちだったりするのかも知れませんが、Motownや黒人社会の内実を垣間見ることが出来そうですよね。

う〜ん、サントラ盤くらいは欲しくなって来ましたねぇー。
by chitlin (2007-07-06 00:26) 

parlophone

chitlinさん、どうもです。

>この夏、紙ジャケットCDのおかげで身動きを取れなそうで

ほんとにもう、いい加減にしてよ!
といいたくなりますね(笑。
「うれしい悲鳴」じゃなく単なる「悲鳴」が出そうです^^;

>描き方が足りなかったり物語がありがちだったりするのかも

そうですね。
「いかにもハリウッドが描いた黒人の音楽世界」
というような辛らつな評もありました。

ぼくは
「黒人だけの音楽」と「もっと広く受け入れられる音楽」の対立、
それは「マイノリティ」と「マジョリティ」の問題でもあり、同時に
「純粋な黒人の音楽(ソウル)」と「黒人の魂(ソウル)を売った音楽」という認識、
そして人間関係のレベルで捉えれば
「友情や仲間(ファミリー)」と「裏切り」の物語…
というふうに、たしかに図式的なんだけれども
いろいろと示唆に富んだ物語であった、と思っています。
音楽ももちろん、楽しいですよ^^
by parlophone (2007-07-06 01:04) 

Gintonic
Gintonic

はじめまして、milk_teaさんのところからとんできました。
ブロードウェイミュージカル『ドリームズールズ』がトニー賞をとったのは1982年。日本公演はもう25年も前になるんですネ。
舞台でのジェニファー・ホリディ(映画ではジェニファー・ハドソン)の圧倒的な歌唱力を堪能した人間にとって、この映画は陳腐なものとしてしか映りませんでした(ヘアースタイルとか細かい楽しみ方はありますが…)。
>それでも音楽映画と思っていた『ドリーム・ガールズ』がとつぜんミュージカルになったのには
というのは逆で、ミュージカルを映画にしたものです。

by Gintonic Gintonic (2008-11-29 02:56) 

parlophone

Gintonic Gintonicさん、はじめまして。
管理人の遼(parlophone)と申します。
よろしくお願いします。

最近は映画もとんと見る暇がなくて、ましてやブロードウェイのことなどまったく知らなかったので、とても参考になりました。

そうですか~。
そんなにいいんですね。
いつか見てみたいなあ(←ぜったいにムリ…笑)。

by parlophone (2008-11-29 16:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。