So-net無料ブログ作成
検索選択

クラプトン 『BACK HOME』 [ブリティッシュ・ロック]

きょうはクラプトンの4年ぶりのオリジナルアルバムBACK HOME』のインプレを書いておこう。
ここしばらくECの新譜が出てもなかなかじっくり聴きこむことがない。
前回のオリジナル『REPTILE』にしてもB.B.キングとの共演作『RIDING WITH THE KING』にしても「ふ~ん」で終わってしまった。
だから迷っていたのだが、これもMASAさんの「デュアルディスク盤が安いです」のひと言で決定。
たしかにAmazon Jp. で2,180円は「チョー」のつくお買い得だろう。

カヴァーはヘリンボーンのツイードパンツをはいて、ツイードのコートを着たウイングチップの男がワニ革模様のギター・ケースを持って駅に降り立つところを描いた、なかなか渋いデザインだ。

  

デジパックを開くと右側の4つの模様みたいに見えるのは、じつはこれはギター・ピック。
ティアドロップ・タイプで硬さもハードと、ぼくにぴったり。
でもこれでギターは弾かない( ってゆーか、弾けない )けどね(笑)。
左のポケットには12ページのブックレットが入っている。

daisuke_Tokyocityさんのブログでも紹介されていたけれど、真ん中の見開きには妻や子どもたちとくつろぐECの姿が……。
う~ん、考えられまへんなあ。
よっぽどうれしいんでっしゃろなあ。
なにしろ1曲目の「So Tired」には赤ん坊の泣き声まで入ってるもんね。

  

さて楽曲群を眺めてみると、タイトル・チューンの「Back Home」はクラプトンの単独作。
サイモン・クライミーとの共作が愛知万博でも話題になった「Say What You Will」など5曲。
畏友ジョージ・ハリスンの「Love Comes to Everyone」( このカヴァーはほんと、いいできです。なにしろオリジナルでもイントロのギターはクラプトンでしたものね )、スティーヴィー・ワンダーの「I'm Going Left」、あとはここ数年サポーテッド・ギタリストとしてECにつきあっているドイル・ブランホールⅡ世が作曲に関わった曲が2曲など、全12曲を収める。
1曲ごとの詳細なパーソネルは省略されているのでスティーヴィー・ウィンウッドがどの曲に参加しているのか聞き取れなかった( ひょっとしたらジョージのカヴァーにはシンセで参加してるのかもしれない )が、ビリー・プレストンが全編に渉ってキイボードで参加しているようだ。

クラプトンがギターを弾きまくる曲というのは年々少なくなってきているような気がするが、このアルバムでも「Lost And Found」、「One Track Mind」など数曲だ。
ゆるいレゲエ・ビートに載せた「Say What You Will」など、どこがいいのかぼくにはわからない(笑)が、スウィート・ソウルっぽく渋いノドを聞かせる「Love Don't Love Nobody」や、ブルーズの香気漂う上記「Lost And Found」などはとてもいいと思う。

さて、DVDサイドは全曲の5.1チャンネル・リミックスが収められたオーディオ・パートと、タイトル・チューンなど5曲の演奏シーンにクラプトンのインタヴューが重なる約20分のヴィデオ・パートに分かれている。
字幕がついていないので、ECが何をしゃべっているかわからないけれど(笑)、個人的には『unplugged』で有名になったマーティンの000-42ではなく、戦前の000-28にマイク・ロングワースが装飾を施したといわれている000-45を久しぶりに見れたのがうれしかった。
いや、ヘッドのボタンがプラスティック製になっていたから、ひょっとしたらオリジナルを手に入れたのかもしれない。
だとしたら1,000万円級のお宝だア~。

  

ちなみにV.J.さんのブログではこのアルバムに対する手厳しい評が読める。
ECを愛するが故の酷評だと思うが興味がおありの方はいちど覗いてみてください。


nice!(1)  コメント(16)  トラックバック(5) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 16

MASA

またまた私の一言ですか~(笑)。
「So Tired」は最近生まれた娘の子育ての快い疲れがテーマだそうですね。
クラプトンも子煩悩な人だなあ。
最近FMを聴いてると、この曲とポールの「Fine Line」とストーンズの「Rough Justice」がかかりまくってますね。
by MASA (2005-09-13 01:09) 

parlophone

MASAさん、どうもです。
そうなんですよ~(笑)。
ストーンズと併せて3,850円ですからね。
FMまったく聴かないんですが(サンソンだけ)、そうなんですか。
いい時代になったもんです^^(あれ?ちょっと違うかな)
by parlophone (2005-09-13 01:19) 

V.J.

遼さん、こんばんわ!
本文で、私なんぞの記事を紹介して頂いて恐縮です。
ちょいと、アタイの記事は厳し過ぎましたかねぇ(笑)
やっぱり、あのCDジャケットの中写真を見て愕然としてしまい、音を冷静に聴く耳をもてなくなってしまったんですよぉ。
でも、遼さんも、さすがにびっくりしましたよね?

ちなみに、うちの、DVDプレイヤーは完全にメニューが表示されず、映像も5.1chも聴けません(涙)
レシート捨ててしまったので、最早返品もままならず・・・
そんなにレアなギター弾いてるんですか!
見たいなぁ~
by V.J. (2005-09-13 01:26) 

parlophone

V.J.さん、どうもです。
ぼくは「あ~、やってるなあ」ぐらいの感じで(笑)。
ぼくのなかでは『レイラ』はまだパティが好きで好きで、でもどうにもならなくてもだえ苦しんでるときのアルバムというイメージなので、V.J.さんみたいに「人間性疑う!」ってとこまでいかず…、要は鈍感なんです、きっと。

DVDパート見れないんですか!
それは残念です。パソコンでも認識しませんか?
by parlophone (2005-09-13 01:35) 

幻燈遮断機

遼さん、皆さん今晩は。
ちょっと(いや、かなり?)、スレ違いな質問をお許しください。
クリームでリコーダー(オカリナかも)がリードをとっている曲で
クラプトンがVoの曲を御存知ないでしょうか?
心当たりのある方、教えてください。
この曲でクリーム好きになったのに「フレッシュ」にも「カラフル」にも入っていないし、
有名な「ホワイトルーム」でも「バッジー」でもなさそうだしで、
昔ベスト盤で聴いたからシングルのB面曲かもしれないかな~とか思ってるんですけど。
どのアルバムに入っているのでしょうか? お願いします~。
ベスト盤のジャケは、野菜のイラストがいっぱい描かれたヤツでした。
by 幻燈遮断機 (2005-09-13 21:54) 

parlophone

幻燈さん、こんばんは。
お探しの曲は「Anyone for Tennis」ではないかと思います。
この曲は68年のシングルで、オリジナル・アルバムには収められていませんが、今はいろんなベスト盤で聴くことができます。
たとえば『VERY BEST OF CREAM』
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=394828
この19曲目をクリックしてみてください。

クリームの中ではかなり異色な曲ですが、ぼくも大好きです^^
ほかにはちょっとリコーダの入った曲って思い浮かびませんねえ。
by parlophone (2005-09-13 23:53) 

lonehawk

こんばんは~。
TBどうもです。こちらからもTBさせて頂きましたので宜しくお願い致します。
先日CSで放送されたクリームの再結成ライヴを観ましたが、さすがに昔ほど殺気立ったものはないものの弾きまくるクラプトンが実に良かったです。
やはり今でもギターヒーローだったクラプトンを求めてしまうのでしょうか。
by lonehawk (2005-09-14 00:30) 

大介(東京都)

こんばんは!
TBありがとうございます。
また僕の記事を紹介して頂きまして誠に感謝です!
今、クラプトンの1975年のブート聴いていますが、やはり昔は尖っておりましたねー。このアルバムは今のクラプトンを表していてそれはそれで好きですね。来月のCREAM関連楽しみです!
by 大介(東京都) (2005-09-14 00:40) 

parlophone

lonehawkさん、こんばんは。
ぼくがいちばん好きなクラプトンのソロは68年1月にBBCの「トップ・ギア」に出演したときの「Steppin' Out」のソロなんですね。
このときクラプトンは22歳で、lonehawkさんがおっしゃるように、近寄るものみんなを傷つけてしまうガラスの破片のようなすさまじいソロです。
60過ぎたひとにこんなソロはぜったい弾けませんよね。
同じフレーズをなぞることはできても、おそらくだれも傷つけることはできないでしょう( ま、傷つける必要もないでしょうし)。
再結成ライヴを見たら感動してうるうるしてしまうと思うんですが、感動の質は昔とはまったくちがうものでしょうね~。
by parlophone (2005-09-14 01:03) 

parlophone

大介さん、トラバ&コメントありがとうございます。
75年というと『EC Was Here』のころですね!
うんうん、あのころもなかなかいいですよね。
でも今回の『BACK HOME』も妙に気に入っております。
もうちょっとギター弾いてよ、という感もなきにしもあらずですが(笑)。
by parlophone (2005-09-14 01:07) 

夜明けのティーンエイジャー

クラプトンの新作、ポールの新作と一緒に届きました。のでTBさせていただきましゅ(笑)。
by 夜明けのティーンエイジャー (2005-09-15 02:19) 

幻燈遮断機

遼さん、ありがとうございます~。
間違いなく、この曲です。すっげ嬉しい~です!
なにしろクリームの曲って以外は、何も分かりませんでしたからね。
やっぱこの曲異色なんですね。
重ねて有難うございました。これであの名曲に再び逢えます!

大介さんの「クリーム関連」も気になるので、あわせてベスト盤共に調べてみます!感謝です。
by 幻燈遮断機 (2005-09-15 10:07) 

遼(parlophene)

夜明さん、トラバ&コメントありがとうございます。
のちほどぼくも伺いま~す。
by 遼(parlophene) (2005-09-15 19:25) 

遼(parlophene)

幻燈さん、どうもです。
お役に立ててよかったです^^
ちなみに当時のTV番組であの曲をやったときのフィルムが残ってますが、もちろん口パクですごい脱力系の映像でした。
久しぶりにレーザー・ディスク引っ張り出して見てみよう~っと^^
by 遼(parlophene) (2005-09-15 19:29) 

Sken

こんにちは。
今回のアルバムは、賛否両論ではなくて、賛のほうがだんぜん
多いように思いますね。昔からのファンにも。
TBさせてください。よろしくお願いします。
by Sken (2005-10-12 19:41) 

parlophone

Skenさん、どうもです。
EC、ストーンズ、ポールのニュー・アルバムが出てからそろそろ1か月になりますが、いちばん気に入ってるのがじつはこれです。
ギター・ソロはあんまり入ってないんですが、悪くないですよね~^^
by parlophone (2005-10-12 19:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。